生活

なぜ窓際に虫の死骸があるの?窓際で大量に死んでいる虫の正体は?虫の死骸が発生しないための対策は?掃除方法は?

窓際に大量の虫の死骸を見つけたことはありませんか?

私は何度か経験があって、初めて見つけたときは驚きすぎて思わず叫んでしまいました!

虫の死骸が発生するのには原因があって、簡単な方法で対策することができます。

今回はなぜ窓際に虫の死骸があるのか、虫の死骸の正体は?対策方法は?掃除方法は?について紹介していきます!

なぜ窓際に虫の死骸があるの?

窓際に虫の死骸があるのは、風に流されて家にはいってきた後に力尽きるからです。

窓を閉め切っていたとしても、網戸と窓の間にある隙間や換気口、換気扇から小さい虫であれば風に乗って侵入してきます。

室内にはいってきた虫は明るい方向に向かっていくため、窓際に向かい、窓やカーテンに叩きつけられて死んでしまうのです!

ベランダに面した窓や、北風、南風に面した窓に、雨の降った次の日に死骸が発生することが多いそうです。

私の家で虫の死骸を見つけたのも、ベランダに面した北風のあたる窓際でした!

窓際に虫の死骸があるのは、換気口などから侵入した虫が、風に流されて家の中に侵入した後に、窓やカーテンにぶつかって死んでしまうからです!

なぜか窓際で大量に死んでいる虫の正体は?

窓際で大量に死んでいる虫の正体は、クロバネキノコバエの可能性が高いです。

クロバネキノコバエは、4~6月、9~11月に大量に発生する虫で、大きさは1~2ミリメートルほどと小さいので、網戸の目もすり抜けることが可能だそうです。

雨が降った次の日が晴れの場合、気温や湿度が上がることで、朝方に大量発生します。

網戸もすり抜けられるほど小さいことや、雨の降った翌日に発生していることなどを考えると、当てはまりますよね。

私が見つけたのも、朝起きて掃除をしようと思ったときなので、発生時間帯もぴったりですね。

発生しやすい朝方に換気扇やエアコンをつけていると、室内の圧力が低くなって、コバエが室内に吸い込まれることもあるそうなので、注意が必要です!

窓際で大量に発生する虫の死骸の正体は、発生状況が当てはまるクロバエキノコバエの可能性が高いです!

窓際に虫の死骸が発生しないための対策方法は?

窓際に虫の死骸は発生しないように対策する方法は、3つあります!

  1. ベランダや窓際の植物に腐葉土や肥料を使わないようにする
  2. 朝方は窓を閉め、換気扇やエアコンをつけない
  3. 習性を利用して侵入できないようにする

1つずつ解説していきます!

①ベランダや窓際の植物に腐葉土や肥料を使わないようにする

クロバネキノコバエは、腐葉土や肥料をエサにするので、ベランダや窓際に置いている植物に使わないようにしましょう!

植物を育てていると難しいかもしれませんが、雨の日は置く場所を変えたり、発生しやすい梅雨の時期は腐葉土や肥料を使わないようにするなどの対策をしましょう!

また、動物のふんや、幼虫は腐った木やキノコなどの菌類を好むそうなので、ベランダの掃除をしっかりとしておくことも大切です。

私の家は植物を育ててはいないのですが、風に乗せて枯葉や土がベランダに飛んでくることがあったので、もしかしたら原因の1つだったのかもしれません。

ベランダや窓際に置いている植物には、腐葉土や肥料を使わないようにしましょう!

②朝方は窓を閉め、換気扇やエアコンをつけない

クロバネキノコバエの発生しやすい朝方~午前中には、侵入しないように窓を閉めて換気扇やエアコンをつけないようにしましょう!

窓を閉めても小さな虫なので侵入してくる可能性はあるので、心配な場合は窓の隙間にホームセンターなどで売っている隙間テープを貼って対策することもできます。

換気扇やエアコンをつけることで、外よりも室内の気圧が低くなって、室内にコバエが吸い込まれることがあるので、消しておく方が良いです。

私も梅雨後半は暑くなってきますし、虫の死骸を見つけるまでは朝起きてエアコンをつけていたのですが、虫が発生しないように雨の翌朝晴れていたときはつけないようにしています!

発生しやすい時間帯である朝方~午前中は、窓を閉めて換気扇やエアコンをつけないようにしましょう!

③習性を利用して侵入できないようにする

クロバネキノコバエの習性を利用して、侵入できない状況を作りましょう!

まず飛行能力が低い習性があるので、扇風機を外に向けてつけておき、風圧で侵入を防ぐことができます。

次に明るいところに集まる習性があるので、室内にライトなどを外に向けておいておき、窓の外のライトがあたる方向にハエ取り紙を設置しておけば侵入する前に捕獲できます!

私は最初習性を知らずに、窓際に集まってこないように扇風機を外に向けていたのですが、効果抜群でした!

飛行能力が低い、明るいところに集まるという習性を利用して、侵入できないように対策しましょう!

窓際に発生した虫の死骸の掃除方法は?

窓際に虫の死骸を見つけたときは速やかに掃除機やコロコロで掃除をしましょう!

虫の死骸を放置してしまうと、別の虫がわいてしまう危険性があるためです!

掃除機のダストボックスやコロコロの紙をすぐに捨てるようにしてください!

私は掃除機のダストボックスの中に虫の死骸が残るのが嫌なので、コロコロで掃除をしています!

窓際で虫の死骸を見つけたらすぐに掃除機やコロコロで掃除するようにしましょう!

まとめ

  • 窓際に虫の死骸があるのは、風に流されて家の中に侵入した後に、カーテンや窓にぶつかって力尽きるからです!
  • 窓際に発生する虫の死骸はクロバネキノコバエの可能性が高いです!
  • 窓際に虫の死骸が発生しないようにするためには、ベランダや窓際の植物に腐葉土や肥料を使わない、朝方は窓を閉め、換気扇やエアコンをつけない、習性を利用して侵入させないの3つの対策をしましょう!
  • 窓際に虫の死骸を発見したときは、別の虫が発生しないよう速やかに掃除機やコロコロで掃除するようにしましょう!

窓際に大量の虫の死骸を見つけたら驚きますよね。

私もはじめて見つけたときはどうしたらいいか分からず焦りました。

簡単にできる対策がありますので、いろいろ試して虫が進入してこないようにしましょう!

error: Content is protected !!