恋愛

男が付き合っている彼女との同棲を考える時とは?男性にとって同棲とはどんな意味があるのか?本音や心理を詳しく解説!

皆さんは、彼氏と「同棲したい!」と思ったことはありますか?

自分が同棲したい!と思っていても、彼氏も同じように思っているとは限りませんよね。

今回は、男性にとって同棲を考える時とはどんな時なのか、気を付けた方がいいポイントを、男性心理や本音と共に解説していきます。

彼氏と同棲したい!と考えている方の参考になれば幸いです!

男が同棲を考える時①遠距離恋愛になった

どちらかが転職や転勤などで遠距離恋愛になった場合、男性は同棲を考えます!

お互いの住んでいるところが遠くなってしまうことで、彼自身もなかなか会えないことへの寂しさに耐えられなくなってしまい

「側にいたい!同棲をしたい! 」と思う気持ちが強くなっていきます!

遠距離恋愛になった場合、自分の側にいて、心の支えになってほしいと男性から同棲を申し込むパターンが多いようです。

男が同棲を考える時②家の更新時期が近い

彼、またはあなたが賃貸物件に一人暮らししている場合、更新時期のタイミングで同棲を考えることもあります。 

賃貸物件は2年ごとに契約更新しなければならないので「二人で新しい部屋を借りて同棲しよう!」となる場合も多いようです。

賃貸の更新時期は、男性も女性も同棲を決断しやすいです。

男が同棲を考える時③もっと一緒にいたい

彼女ともっと一緒にいたいと思った時にも同棲を考えます。 

長年付き合っているわけではないけれど、彼女のことが本当に大好きで、ただ一緒にいたい。

彼女に対して、誠実な気持ちである人程、同棲を考えます。

普段の言動、行動から、誠実な人柄だと分かればよいのですが、ただ彼女を束縛したいだけの自分勝手な男性も少なからずいるので、女性側もきちんと男性を見極めたうえで同棲を決断してください!

男が同棲を考える時④結婚を考えている

男性は、結婚したいくらい大好きな彼女や、将来的に結婚を考えている彼女に対して結婚前提で同棲したいと思っています。

「同棲するなら結婚」といった考えをもっている親も少なくないので、お互いのご両親に挨拶をして、安心してもらった上で同棲をスタートさせたいと思う男性も多いのではないでしょうか。

この場合、男性からの同棲の提案はプロポーズと同じであると考えることもできます。

もし、同棲をお断りする場合は、言葉を選んで丁寧な対応を心がけましょう。

男が同棲を考える時⑤本当に結婚していいのか見極めたい

大好きな彼女と将来結婚したいと思う気持ちもあるけれど、実際に暮らしてみないと分からないから同棲して見極めたい。

このような理由から同棲を考える男性も多いです。

本当に結婚していいのかを見極めたいと考えている場合、男性もまだ結婚していいのかを決めかねている状態であるため、結婚を決断してからの同棲とは異なります。

男性自身が、暮らしてみて合わないな…と感じたらお付き合いが終わってしまう可能性もあるので、女性側も慎重に見極めましょう。

男が同棲を考える時⑥経済的な負担を減らしたい

経済的な負担を減らしたくて同棲を考えることもあります。

一人暮らしをしていると、生活していくのに、それなりのお金が必要になりますよね。

彼女も一人暮らしをしている場合や、どちらかの家で半同棲状態になっている場合など、さまざまな状況があるとは思いますが、一緒に住んだ方が経済的にもゆとりができ、節約できると考え、同棲を考えることもあるようです。

男が同棲を考える時⓻家事をしてもらいたい

「女性に家事をしてもらいたい」と考える男性が時々います。

家事をしてもらいたいと考えている男性は、家のことを自分でやるのが面倒なので、家事を女性にやってもらう目的で同棲を考えているようです。 

そのような男性は、基本的に自分のことしか考えておらず、女性のことを大切にしてくれない可能性が高いでしょう。

「自分の身の回りの世話をしてほしい」と言われたら、あなたが支えたいタイプではない限り同棲はおすすめしません。

まとめ 

同棲したいと考える男性心理にも色々なパターンがあります。

彼女のことが純粋に好きで、将来のために同棲をしたいと思うこと。

反対に、自分のことしか考えることができず、今をなんとかしたくて同棲を考えること。

女性は同棲に対して、憧れがある方も多いと思いますが 、男性は意外とシビアに考えている部分もあるようです。

同棲をするということは二人で決める大切なことなので少ないお付き合いの時間の中でも、話し合ったり、お互いの考えを理解しあえている上で 同棲をすることがよいのかもしれませんね。

この記事が、同棲を考えている女性の何か参考になればうれしいです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

error: Content is protected !!