生活

FUNの安い理由は?FUNとは?ターゲット層に合わせるために安い?売れ残りを避けるために安い?宣伝費を抑えているから安い?

皆さんはオシャレを楽しんでいますか?お気に入りのブランドはありますか?

お気に入りのコーディネートはテンションが上がりますよね!

TwitterやInstagramを覗いてみると、様々なコーディネートが載せられており、見るだけで楽しくなりますよね。

しかし、オシャレを楽しむには、洋服を買い揃えなくてはなりません。

流行についていくために、洋服を購入していくと、お財布にもかなりの負担がかかります。

そこで、プチプラブランドで洋服代を抑えつつ、オシャレを楽しむ方も多いのではないでしょうか?

プチプラブランドの中に「FUN」というブランドがあります。

「FUN」は品質や着心地も悪くないのに随分安いんです!

例えば、中綿ジャケットでは、GUの場合は3,980円のところ、FUNでは3,298円となっております。

そこで今回は、なぜFUNの洋服が安いのかを推理した結果をご紹介したいと思います。

FUNとは?

FUNとは以下をコンセプトとした、アパレルブランドになります。

流行に敏感な貴女へ!かわいらしさと、かっこよさを程よく取り入れたスタイリングを提案します。

引用元:TRINITY co.,LTD

メインターゲットは20代~30代になりますが、そのデザインの多様さから、幅広い年代に愛されているようです。

SNSを覗いてみると、10代の女性はかわいらしく、40代女性はかっこよく着こなしている投稿を見かけました。

ターゲット層に合わせるために安い?

Webマガジンのmymoのアンケート調査によると、女性の6割は1か月にかける洋服代は1万円以下という調査結果でした。

20代の場合は20,000円までかけるという割合は多かったものの、人気ブランドの場合、1~2万円は軽く超えますよね?

高い洋服に中々手が出せないため、高い商品は売り辛いのではないでしょうか。

そこで、「洋服を売り易くするために、できるだけ安い価格設定にしたのではないか?」と考えました。

売れ残りを避けるために安い?

例えば、家族で洋服を買う場合、女性向けと子供向けの洋服があれば両方買おうと考えますよね?

様々な洋服を用意しておいた方が、それだけ色々なお客様が来てくれる可能性が上がり、売り上げも上がる可能性が高くなります。

しかし、様々な洋服を用意すると、売れ残る可能性も出るでしょう。

売り切れなくなった洋服が在庫として残ってしまうと、廃棄する手間やお金がかかってしまいますよね。

もし、売れ残った洋服を保管していても、洋服の価値分の税金がかかってしまい、余計なお金を払うことになってしまいます。

しかし、FUNはレディースファッションに特化しており、洋服の種類も絞っているため、売れ残りを避ける努力をしていると感じます。

Saya
Saya
無駄なものにはお金をかけたくないですよね!

また、FUNは、とても思い切ったセールを行うことがあります。ストレッチの効いたパンツ、3,999円が999円ですよ!安すぎますよね?

このように、洋服の価格が安い理由は、「種類を絞り、売れ残りが無いようにするために、安い価格設定にした。」とも考えました。

宣伝費を抑えているから安い?

洋服を売ろうとする場合、まず商品をお客様に知ってもらう必要があります。

そこで、テレビ等で様々なCMを行うわけですが、FUNはCMを出していないようです。

では、どのように宣伝しているかというと、TwitterやInstagram等、SNSで情報を発信しています。

コーデの参考する場合、TwitterやInstagramを利用する方は多いのではないでしょうか。

そのため、CM等、広告費にお金をかけるより、SNSで情報発信した方が、費用も抑えられ、有効だと考えたのではないでしょうか。

SNSでは、洋服の紹介は勿論、スタッフさんによる、お勧めコーディネートを紹介するInstagramでのLive等もやっています。

私も見ましたが、コーディネートの仕方が参考になって、とても面白かったです。

このように「広告費が削減できた分、洋服の値付けも抑えられるから安い。」とも考えました。

まとめ

  • FUNの洋服は安いが品質としては問題ない。
  • 20代~30代の女性の手が出し易い価格設定のため安いのではないか?
  • 洋服を売り切ってしまい、処分費や税金等で余計な出費を避けるために安いのではないか?
  • 広告費を削減しているために安いのではないか?

如何でしたでしょうか。直接問い合わせた結果ではないため、違うところも多々あるかと思います。

しかし、この調査で、「工夫次第で、値段が安い洋服を提供できる。安ければ必ずしも品質が悪いわけではない。」ということを、私は感じました。

FUNの値段の安さに不安を感じる方も、心配することなく、まずは手に取って見てみてはいかがでしょうか。

 

 

error: Content is protected !!